OS-1はしょっぱい

朝食にシナモン的な味がするシリアルを食う。シリアルですら完食できないなんてもう何食えば良いのだ俺は。食後、意識がイギリスの向こう側へ行くような眠気を覚える。

容疑者は「眠いってことは寝たら治るんじゃね?(小学生並みの発想)」などと供述しており云々、冷房をつけ忘れたまま2時間死亡のち覚醒。汗だくである。いつ死んでも蘇ることが出来るように経口補水液(OS-1)を2本買っといて良かったね。

フタが硬すぎる(握力が弱すぎる)

OS-1、塩味のついたポカリのような味でわりと美味しい。病人だから美味いと感じるのかもしれないが。最初はすごく美味しいけど、途中で「いやしょっぱいわこれ…」が来る感じ。200ml程度飲むと、イギリスに居た意識が関西に帰ってきたような感覚を覚える。

卵と水とめんつゆをレンチンして作る茶碗蒸しもどき、食思不振者に優しい味と質量で、かなりハマっている。こんなショボいもんばっかり食ってるからヤツれてんじゃないのか貴様…と皆様は思われるかも知れない。それは正しい。

ただ一つ弁解させて欲しいのだ。私は「食べないと不健康になる」のが理論的に正しいことはよく理解しているし、実際もっとメシ食って筋肉を増やしたいと望んでいるのだけれど、脳みそと胃腸側が「あんまり食べたくないなあ」と主張するもんで、こっちはそれに従っているだけなんですわ。。。要するにね、神経性無食欲症じゃないぞ。