GIMPでエクスポートした画像に binary comment がひっつく問題

KEEP CALM AND USE GIMP

結論だけ見たい人向け→結論

GNU と GIMP と OSS を愛しているので、多少バグがあるからといって他に乗り換える気は無い。(もちろんメディア閲覧ソフトはVLC、PW管理はKeePass)

困ってること

デジカメ(キヤノン PowerShot SX720 HS)のSDカード(Transcend 32GB)から取り込んだ写真を編集してエクスポートすると、Exifのタイトル・件名に"binary comment"入る?

(開いて即Alt+Enterでメタデータ取得)

否、そう「読まれて」いるのか?Win10のエクスプローラ>画像右クリ>プロパティを見ると、コメント(タイトル・件名)は空白。ナニコレ

エクスポート時"ああああああ"などに変更しても勝手に"binary comment"が入る。しかし、

GIMPで開いてる画像側ではきっちりコメントが保存されている。この状態でもう一回エクスポートすると、こう。

(関係ないけど、画像ヴューワはMassiGraがとてもオススメ)

ちょっち複雑なんですが、要するに:

  1. カメラで撮った写真をGIMPで読むと、"binary comment"がデフォルトでコメントに入っている
  2. コメントを変更(空白なり"ああああああ"なり)してエクスポートしても、
    • エクスポートした画像側のプロパティでは"binary comment"のまま
    • GIMPで開いている画像ではコメントが正常(?)に変更されている
  3. もう一度エクスポートするとコメントが変更されたファイルが出力される

コメント付きの画像をWordPressでアップロードすると、キャプション等に"binary comment"がくっついて面倒くさい(そういう仕様だからネ)ので、これはASAPで治ってほしいバグ。プロパティからExifを編集しろ?否、あのへんバグまみれだからあんまり触りたくないっつか…

検証

ペイントで適当にjpgファイルを作って、Import->Export したりメタデータ見たり。binary commentは表示されない。カメラから取り込んだ写真に限る現象かな。

Windows版のGIMPがExif周りをうまいことアレ出来てないんすかね。そもそもGNU/Linux向けのソフトウェアだし。

調査

やはりWindows版はバグまみれらしい

Note also that it is not fully tested because of our lack of Windows developers. Are you a Windows developer? Do you love GIMP? Please contribute!

そして、俺の他にも困っている奴は居る。やったネ

Known problems: Besides saving the comment in the exported image if the save comment checkbox is enabled, the comment currently is always saved to the opened GIMP image too, even if the save comment checkbox is disabled.

コメント欄を消すか、或る条件だけ編集可能にしたら?とか議論されてるみたい。under constructionってことですね。

結論

現状ユーザ側ではどうにもならない。心外ですよね。

  • 解決策その1:メタデータを出力しない設定にする(エクスポート時にSave Exif data等のチェックを外す)
    • タイトル・件名に"binary comment"が入らなくなるが、撮影日や絞り値等のデータも消えるので注意
  • 解決策その2:ver 2.10.18にダウングレード(ここから入手可能)

Exifを残してくれるその2を採用して「解決」とした。

今俺の中で一番ナウいバンドことElectric Light Orchestraを聴いてほしい。

Vivaldi